追伸


ここまで丁寧に読んでいただき、ありがとうございます。


私自身、寝すぎの悩みを持ち、睡眠に関する書籍やグッズを買いあさって試してきました。(とにかく自分で実験するんだと、あれもこれも買い、気がつけば数十万円も投資していました・・・)

有益なモノもありましたが、一時しのぎの方法だったり、眠れない時に「眠ろう、眠ろう」と思ってはいけない明確な理由が書いてありませんでした。

権威ある大学の教授が書かれた書籍は、難解な文字の羅列のケースが多く、理解するのに辞書を何度も開きました。理論だけに終始している場合もあり、実践するにはかなりの根気がいる事例も載っていました。

快眠グッズは、確かに効果的な物もありましたが、高価・・・3万円~4万円もする物も・・・なかなか手が出せませんね。

医療機関に受診相談しても、お金と時間が掛かり、絶望感と更なる頭痛が残りました。
残ったというより強くなりました。

しかし、一方的に医療機関を批判するつもりはありません。医学的・科学的に証明されていないと、お医者さんは行動・発言できません。

ただ、医学とか学問だけで語るには、限界があることが言いたいのです。

「机上の理論」という言葉があるように、机の上で考えたことが全て当てはまるとは限りません。

権威ある経済学者が多くいるはずなのに、なぜ不景気が続くのか?
この疑問を持って考えてみると机上の理論が必ずしも成果がでるとは言えません。

睡眠を取り巻く医学の世界でも同じことが言えます。

私は3年間、自分をモルモット(実験台)として、実際に何度も試して効果が出たものばかりを濃縮快眠プログラムに詰め込みました。

そもそもの発端は、睡眠の悩みを解決するために新聞配達業界に飛び込んだのですが、いま思えば愚行でしかない行動です。

本当に笑いがでます。
でも、当時は必死でした。

いまだからこそ笑えますが、無理・無駄・無謀の連続でした。もっと効率の良い方法があったのかも知れませんが、「のび太」並みの人間だったゆえ、地道に試すしかありませんでした。


自らを実験台として
何度も「無理・無駄・無謀」を繰り返し
効果がでたものをまとめたプログラムです・・・

ですから

  • あなたは、私の苦労を活用して最短最速で
  • 自由に時間を創造し、充実した人生をスタートして下さい

小手先のテクニックに走ることもなくなり、快眠を手に入れ、自由な時間を創造し、昇給や、昇進・昇格、そして、周りから尊敬の眼差しを得ている事でしょう。

そんな強い願いを込めてこのプログラムをまとめました。

このプログラムをまとめた目的は

  • 脳と心と身体の全てをコントロールすること
  • 自己管理・人生管理できるスキルを身につけること
  • 意のままに時間を創造し、人生のあらゆる幸せを手に入れること

そのために、あなたはどれだけのお金を用意しますか?
これからの数十年の幸せな人生のために、必要なのは10万円でしょうか?
それとも、100万円でしょうか?

あなたが幸せになるために、投資するお金はいくら必要でしょうか?


私は、1万円で提供いたします。
(今ならモニター価格で5,800円です)



では、そろそろ準備はよろしいですか?


「自由な時間を創造し、眠っていた才能を開花させて、いろんな“幸せ”を手に入れたい・・・」

その願いを実現させるチャンスを今、あなたに提供しました。

楽しい毎日は、あなたの目の前にあります。
あとは、あなたが少しの勇気を持って一歩踏み出すだけです。

私も睡眠の悩みを克服するために眠らない業界に飛び込む「決断」をしました。
「決断」には勇気が要りますが、「決断」したからこそ、今があります。
「決断」していなければ、いまだに「のび太」並みの男のままです。

あなたがする苦労は、私が代わりにしています。
毎朝2時半に起きなくても大丈夫です。

もう不要な苦労はしないで下さい。
あなたは、私を踏み台にして最短距離で、幸せな毎日を手に入れて下さい。

繰り返しになりますが、返金保証もついています。
あなたが「決断」することによるリスクは、私が負います。

少しだけ勇気を出して下さい。
あなたは決して独りではありません。

私と一緒に自由な時間を創造できる人生をスタートさせましょう。


私の手紙を最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。